【株式会社リライブ】お風呂をリフォームするメリットとは??

キーワードから探す

地域から探す

利用シーンから探す

【株式会社リライブ】お風呂をリフォームするメリットとは??

20160916140025000000.jpg
[2016/09/16]

リフォームするならまずどこを変えたいですか?
男女によっても改良したい場所は違いますが、
リフォームしたい場所の人気上位には常に「お風呂」が入っています。
そこで、お風呂をリフォームするメリットについて
リフォーム専門業者のリライブがお答えします。

お風呂をリフォームするメリットとは??

 

リフォームの中でも人気の場所が「お風呂」。

もちろんお風呂が綺麗になると嬉しいわけですが、お風呂リフォームのメリットは大きく3つあります。

 

■■■メリット1■■■

寒ーーいお風呂からの解放!!

寒いお風呂場

夏場はまだ許せても、冬場の寒いお風呂場ほど辛いものはありませんよね。

1日の疲れを癒し、リラックスする場所であって欲しいお風呂場を

適切なリフォームをすることで暖かくできます。

ドアの隙間風を防ぐことに始まり、風呂場の床面を通常のタイルから、

柔らかい床素材を使ったり、床暖仕様へ変更して直接足元を温めることもできます。

 

お風呂場を暖かくすることの大切な点としては、

冬場のヒートショックを防ぐことです。

脱衣所と浴室との温度差がありすぎると、

高齢者の方は、温度差に耐えられずに倒れたりすることがあります。

これをヒートショックといいます。
リフォームで換気乾燥機を設置すれば、浴室の空気を暖めてからお風呂に入ることができます。

 

■■■メリット2■■■

お風呂の段差・滑りやすさ防止!!

お風呂場の手すり

■床の水はけを良く、すべりにくく。

浴室の床がタイル張りの場合、すべりやすい上に、触った時に「冷たい」と感じます。
リフォームすれば、水はけが良くて温かみのある素材に替えることができ、すべりにくくなります。

 

■必要なところに、必要な手すりを。

体を洗うために立ったり、浴槽に浸かるために座ったり、浴室は意外に動作が多い場所。
リフォームで、高齢者の方にも使いやすいよう、必要な場所に適切な高さで手すりを設置できます。

 

■脱衣所から浴室の段差をフラットに。

以前は、脱衣所と浴室の間に段差があるのは当たり前でした。

脱衣所が水で濡れないように必要な段差だったのです。
リフォームで、水漏れしない新しい構造のドアに替えれば、

段差がないフラットな状態にすることができます。

 

■■■メリット3■■■

お風呂場掃除を楽に!!

お風呂掃除

タイルの目地に汚れが入り込んで掃除がしにくい。

何度もカビ取り剤を使っているのに、きれいにならない・・・。

お風呂場がカビだらけだと、1日の疲れも取れませんよね。

かといって、毎日のお風呂場掃除に何時間もかけられません。

 

リフォームで浴室の素材を替えれば、目地が少なく、カビも生えにくいので、

掃除がかなりラクになります!

そもそもカビが生えにくい環境を作れば

毎日のお掃除の手間も少なく、清潔な空間で癒しの時間を楽しめますね。

リフォーム例 パイプ管内

また、お風呂場でありがちなのが

古い排水管が目詰まりを起こして水漏れを起こすこと。

「排水の流れがよくないな〜」と感じたら、それは水漏れの危険信号です。

目に見えない場所にある排水管が詰まりかけていたり、パイプが腐食していることがあります。
リフォームでパイプを新しくすれば、水漏れでマンションの下階に迷惑をかけることもありません。

 

毎日使う場所だから、清潔で、安全に使えるようにしたいですよね。

お風呂場のリフォームには多くのメリットあります。

お望みのリフォームが完成し、気持ちの良い毎日を送れるよう

職人一同全力でリフォームに当たらせていただきます!

 

神奈川県で水周りリフォームをお考えなら

専門職人のリライブへお任せください。

http://relive-reform.co.jp/


このコラムを投稿した企業

株式会社リライブ

詳細はこちら

コラム検索

最新利用者口コミ

まだレビュー投稿がありません。