動けなくなった職人の価値… 西多摩32歳リフォーム業社長の過去

キーワードから探す

地域から探す

利用シーンから探す

動けなくなった職人の価値… 西多摩32歳リフォーム業社長の過去

120161112041342000000.jpg
[2016/11/12]

今回は、多摩地域を対応エリアとするリフォーム業者、株式会社リプロス社長の過去、転機、そして未来への実話。

「いつまでこの体がもつか。」

 

個人で働く職人は誰もがその不安を抱えている。

 

飯島大地(32歳)は自らの経験から、そうした職人の次なるステージ作りに励むリフォーム会社の社長だ。

 

株式会社リプロス_飯島社長

 

高校卒業後、役者に打ち込む時期もあったが、結婚と同時に高級食材を扱う老舗企業に就職。

 

始発と終電で都内との往復をする日々で、家族をかえりみる時間はなかった。

 

しかし、そんな日々の中でも、同じ幼稚園に通っていた大工の吉沢(現専務)と一緒に事業を手掛けたいという夢は決して忘れなかった。

 

きっかけは突然やってくるものだが、内装業を営む父の体調不良が、飯島に将来を真剣に考えさせた。

 

夢の実現に向けて動き出すのである。

 

飯島が24歳の時だった。

 

 

汗水流してする仕事は、体は疲れるが毎日の達成感があった。

 

それまでの販売の仕事とは異なり、来店するお客さんを待つことも、営業時間後に終わりのないデスクワークをする必要も無い。

 

働く時間が決まっている建設業はタスクもはっきりしていて性に合っていたのだ。

 

株式会社リプロス_施工中写真

 

仕事に慣れはじめた頃。風邪をひいても休まず現場に入っていた飯島だが、なかなか熱が下がらない、それでも病院に行っている暇はないと働き続けた。

 

1ヶ月が過ぎた時、咳もできない程の激しい痛みに襲われ、病院へ行くと、結果は「肺炎」だった。

 

病気という病気をしたことがなかった飯島は、その時初めて理解する。

 

「このまま現場に出られなくなったら、職人として生きていくことはできない。」

 

汗だくになって働きながらも会社からの保証もなく生活する個人の職人。

 

業者からの仕事がなければ報酬も入らない。

 

病室で連日外されることのない点滴が落ちるのを眺めながら、先輩職人達の顔が目に浮かんだ。

 

何も知らなかったところから1つ1つ丁寧に仕事を教えてくれた。

 

こんな不安を抱えながら生活していたのか。

 

 

その後現場に復帰した飯島は、自分自身で営業をはじめ、2015年に会社を設立。

 

既にあった父親の会社を引き継ぐのではなく、自分の顧客を掴むところからスタートし、大工の幼馴染と共に起業した。

 

物静かな外見からは想像できない熱意がそこにはあった。

 

株式会社リプロス_施工中写真

 

社員と専属の職人を抱え、規模の大きい工事も対応できるようにした。

 

職人がプライドを持てる現場を作りたいと、現場管理をする元請け業者、職人との円滑なコミュニケーションを取ることは欠かさない。

 

現場の情報は職人からヒアリングし、的確に現場監督まで届ける。

 

職人の立場を守り、元請け業者の要望にも当然耳を傾ける、いわゆる緩衝材なのだ。

 

 

価格も、もちろん「適正価格」。下手に値下げしたプライドのない仕事はしない。

 

だからこそ、些細なことでも担当の職人が現場から連絡をくれるのだという。

 

ちょっとしたことも見逃すことはせず、必ず報告してくれる。

 

こうしたしっかりした連携が取れて、初めて責任ある施工をすることができるのだ。

 

株式会社リプロス_施工事例

 

社内では、タブレットの使い方から教えている。

 

還暦を過ぎた職人も、少しずつチャレンジしてくれていると話す飯島は、社長という肩書を取り払った、どこか嬉しそうな表情をしていた。

 

LINEやGoogleなどのサービスも、業務効率を上げるため積極的にコミュニケーションツールとして取り入れ、職人の自宅から現場間の直行直帰を目指す。

 

些細なことでも無駄だと思うことは話し合って廃止し、昔と今では働き方が変わったことを、感覚で理解してもらえるよう努めている。

 

そうした取り組みを重ねることで、ITへの苦手意識を解消し、万が一職人が現場に出られなくなった場合にも、管理業務などを依頼できる環境を作っておきたいのだという。

 

「社員、職人に安心して働いてもらいたい。」

 

これからの時代、こうした企業に人は集まるのかもしれない。

 

株式会社リプロス_職人さんお写真

↑写真は職人の還暦祝いにプレゼントしたというジャンパー。

 

 

 

今回、お話を聞かせていただいたのは、

株式会社リプロス 代表の 飯島大地さんでした。

株式会社 リプロス ( http://www.repros-inc.jp/ )

 

株式会社リプロス_代表お写真


コラム検索

最新利用者口コミ

まだレビュー投稿がありません。